伊島薫   
IZIMA KAORU
『Sight seeing』

1979年、デビュー直前に、
アメリカの観光地に訪れ、
風景ではなく観光客を撮影
したら、スペクタクルだった。
井出情児  
JYOJI IDE 
『ANGURA』
1960年代後半の新宿で、
日本で初めてのサブカル=
アングラが誕生した瞬間、
10代の写真家がスナップしていた。

片岡義男  
Yoshio Kataoka  
『東京で食べた』
誰も意識していないうちに
消えていく見慣れた東京の風景。
食堂のショーウインドウを見続ける
小説家はフィルムカメラに収めた。
谷川俊太郎
Shuntaro Tanikawa
『二眼レフの日々』

20代の詩人が二眼レフカメラのレンズを通して見た昭和の日々は、豊かな時間と余白のある空間こそ、日常だということを教えてくれる。

長濱治
Osamu Nagahama
『BLUES ROAD』

ブルーズマンを探すアメリカ南部への4年間の旅の膨大なベタ焼きには、身体に染みこんだブルーズ魂と、巡礼の旅の息遣いがこもっている。

浦憲治
Kenji Miura
Kenji Miura
『MIURA  HIROSHMA』

広島生まれの写真家が撮影した故郷「HIROSHIMA」の飾らない素顔は、世界中のほとんどの人が抱いている「HIROSHIMA」のイメージを塗り替える。

渡辺達生
Tatsuo Watanabe
Tatsuo Watanabe
『Ta Wa Wa』

5000人を超える女性を撮影してきた女性写真の巨匠。プライベートな写真は、体温と湿り気のある豊かな母性を感じさせ、縄文の土偶の豊穣を想起させる。

長濱治
Osamu Nagahama
『Cotton Fields』

自らの身体に染み込ませたBluesのリズムを頼りに単身アメリカ南部、Bluesのメッカに4年間10回も足を運んでシャッターを切ってきたBlues写真集の決定版。